Tokyo 42 まとめ






ゲームデータ


発売日: 2017/05/31
開発元: Mode 7 Limited
発売元: Mode 7 Limited
ジャンル: アクション/箱庭
インストール容量/価格: 2.38 GB/2,160円
国内版本体での起動: 今回は国内版
公式サイト: http://www.tokyo42.com/
攻略サイト: Tokyo 42 攻略




超簡単なゲーム概要


「濡れ衣を着せた奴を捜せ!」


Tokyo 42は、ハイパースタイリッシュなオープンワールドで戦うシューティングゲームです。殺人の濡れ衣を着せられ、暗殺者や陰謀を企む謎の団体、そして戦術猫がいる世界に潜入します。( Xbox.com より)



2042年の東京が舞台の箱庭アクションゲーム。斜め見下ろし型の箱庭となっていて、カラフルでサイバーな感じがなんとも言えない。



主人公は突然殺人の濡れ衣を着せられた男性(名前はないみたい)。ティコという友人? が連絡を取ってきて、なぜ濡れ衣を着せられたのかを調べるついでにフリーの暗殺者として活動するよう主人公に勧奨します。



暗殺者としてデビューした主人公は、闇社会で暗躍するニューババアと出会い、その情報網を頼りに自分の事件の真相に近づこうとします……ってな感じのストーリー。



ゲームの流れはこれまでの箱庭ゲームと同様で、ミッションをクリアすると次のミッションがアンロックされ、そしてストーリーが進み、登場人物が増え、その人物からも仕事を請け負うようになる……という感じ。



メインミッションだけでなくサイドミッションも豊富にあり、(メインは25ミッション、サイドは67ミッション)ターミナルと呼ばれる端末で仕事を請け負ったり、特定の人物から請け負ったりする。



メイン/サイドをクリアすると報酬としてお金と RP というポイントを貰える。お金は武器を購入するのに使い、RP はミッションをアンロックするために必要。ちなみに RP は何の略かは不明。P はポイントだと思うけど。



武器は近接武器系、ピストル系、マシンガン系、スナイパーライフル系、重火器系に分かれており、ショップで好きなときに購入できる。が、そもそもステルス要素の強いゲームなので武器の出番は少ない。強いて言えば、刀やゴルフクラブといった音の出ない近接武器が一番活躍する。次いでスナイパーライフル。



セーブはオートセーブと手動セーブ。オートセーブはミッションクリア時/タイトルに戻る時にセーブされる。手動セーブは街中にたくさん置かれている自販機で行う。



ライフはなく、敵の弾に当たると一撃死。その分、リスポンが恐ろしいほど早いのでストレスはあるようで、ないようで(汗)。一撃死によるストレスはあるが、再開まで1秒かからないため(ロードしない)その部分のストレスはないかと。(なお、2017年11月17日に配信されたパッチでイージー、ノーマル、クラシックという3段階の難易度が実装されました)



一撃死ということなのでミッションの難易度は高め。ただし、ステルスを基本としてレベルデザインも成されているので、ステルス好きにはむしろ簡単な部類に入る。ところが、いざ銃撃戦になろうものなら、弾幕シューティング状態になるのでかなり難易度は上がる。画面も斜め見下ろしでプレイすることが多いため、避ける角度が合っていないこともあり、即死を繰り返す。



オンラインマルチプレイもあるけど、管理人にはシルバーなので接続できず。外の声だけど、「すぐ切断される」「過疎ってる」等、よい感想は聞こえてこない。




プレイした感想


管理人のプレイ日記はこちら



主人公を含め、画面に表示されるキャラクターが非常に小さいことに不安を覚えましたが、意外とストレス無くプレイすることができました。



EDM っぽいサウンドとカラフルな街並みは観ているだけで面白いです。キャラクターは小さいですが、モーション等は細部までちゃんと作られていて、走るとコードがヒラヒラしたりするところはよく出来ているなあと感心しました。



ミッションはステルスを基本にして作られていることが多く、敵の仲間にバレずにターゲットを暗殺する内容が多かった印象。サイドミッションは多様な内容で、暗殺、バイクレース、パルクール、お使いなど色々ありました。



カラフルでポップな見た目とは違い、ミッションの難易度は割と高めでした。特にバイクレースはプレイ当時に絶対無理! って思うほどの難易度でした。なんとかクリアできましたけど。



内容が長いミッションの場合、途中でセーブされますが、なぜかラスボス戦だけ途中セーブされることがなく死ぬと最初からだったのがつらかった。だって、ホントに難しいんですよ。



ミッションによっては「忍者」「浪人」「浪忍者」の評価がつきます。「忍者」は見つかることなくクリア、「浪人」はミッションに登場する敵を殲滅してクリア、「浪忍者」は見つかることなくミッションに登場する敵を殲滅してクリア、となります。やりこみ要素も準備されています。もちろん、実績解除に絡んでくるので必然的に評価を得たプレイになっていきます。




【 ポジティブ 】

  • サウンド

EDM っぽいサウンドが妙にゲームの世界観とマッチしていて、とても心地よかった。また、銃を発射する音、着弾する音などの効果音も世界観を壊さないポップな音で好印象。



  • 世界観

レゴブロックで作られたような近未来の東京の世界が素晴らしい。海外の旅行者が着ている「変な日本語 T シャツ」みたいな間違った表現がほっこりします。



  • ローカライズ

ちゃんとローカライズされているので日本語でプレイできるのは助かります。




【 ネガティブ 】

  • 致命的なバグ多し

収集物に関するバグ。
ミッション中に収集物を回収した後、例えば死亡したり、ミッションをやり直したりすると収集物を回収していなかったことになってしまうバグがある。しかも、カウントされていないだけでなく回収済みの収集物は消えてしまい2度と回収できない罠。こうなるとクラウドデータを含む全てのセーブデータを消して最初からやり直さないといけなくなる。収集物は実績解除の条件にもなっているのでこのバグは痛い。管理人は2回最初からやり直すハメに。なお、ミッション外であれば回収後に死んでも無問題。



実績が解除されないバグ。
2017年7月現在、ゲームの進捗状況が1%にしかならないバグがあり、これのせいで解除されない実績がある。実績コンプを狙っている人にはかなり痛い。
2017年11月17日に修正パッチが配信され、実績が解除されないバグはなくなりました。しかしながら、パッチが配信されるまで4ヶ月を有し、しかも DLC 同時リリースという強気なやり方には憤りを感じます。DLC の作成・配信よりも修正パッチの配信が先だと思うのですが。



  • 会話パートがスキップされてしまう

会話パートは B ボタンでスキップできるのですが、そのときにスタートボタンを押してメニュー画面を表示させ B ボタンでメニュー画面を閉じると、あら不思議、会話パートもスキップされてしまうという。システム自体は指令に忠実に従っただけだと思いますが、メニューを閉じる指令が先でしょう~と思う。結構重要な会話パートをスキップしてしまったので、未だに悶々としてる。



  • 最初のロードだけ長い

タイトルからゲームを始められるまで約40秒かかる。ゲーム中は全くロードがない分、しょうがないけれど、やっぱり40秒は微妙に長いっすよ。



  • モニタが小さいとヤバイかも

これまでにプレイしてきたどのゲームよりも主人公が小さく細かい。NPC も同様。管理人は24インチの PC モニタでプレイしていますが、これより小さいモニタではゲームプレイに支障が出るかもしれない。



  • 銃撃戦がシューティングゲームでムズい

ステルスをベースに作られているのですが、それでも途中で失敗すると銃撃戦が始まります。すると敵が弾をばらまき、それを避けながら攻撃する感覚で、まさに弾幕シューティングゲームの感覚。こちらの攻撃も当たらないことが多く、銃にまつわるコンバットシステムは破綻しているかと。結局、スナイパーライフルで戦うことになります。



  • メビウス(暗殺者)がうざーい

ミッションが進むとフリーローム中にメビウスという暗殺者がランダムで配置されるようになります。街中を移動していると突然斬りかかられて死亡するケースが多いわけですが、どこに配置されたかも分からず、結構頻繁に配置されるのでリズムが悪くてしょうがない。ハッキリ言って暗殺者の配置はいらないシステムだと思います。




実績コンプした感想


項目数19、スコア1,000G。
全てオフラインで解除できます。



実績コンプするのに60時間51分かかりました。収集物のバグに遭遇したせいで2度も最初からやり直しをしたからだと思います。



実績はストーリー系/収集物系/特定のミッションで評価を得る系/その他、に大別されます。



収集物はマップを開くと「?」や「¥」で表示される親切設計ですが、問題は回収しに行く方法が分からないという点。目の前に見えるけれど届かない、は茶飯事。



ミッションはステルスを意識して作られており、条件を満たしてクリアすると3種類の評価が与えられます。敵に見つからずにクリアすると「忍者」、敵を殲滅してクリアすると「浪人」、敵に見つからず、殲滅してクリアすると「浪忍者」。特定の22ミッションにおいて、評価「浪忍者」を獲得すると実績解除。



実績「完成主義者」が解除されないバグがありましたが、2017年11月17日に修正パッチが配信され、実績解除できるようになりました。




総評


バグが修正された今なら買ってもいいかも!



  • ゲームプレイ: 8/10
  • 実績コンプ難易度: 6/10



個人的にはとても楽しめた作品です。じっくりプレイしたい人向けかなと思います。見た目や世界観が好きな方、ステルス好きにもオススメです。



修正パッチが配信されるまでは開発元の Mode 7 の態度もあり、オススメはしていませんでしたが、今は本編だけならオススメしたいです。DLC は実績がないみたいですが、どこかのレビューに相当難易度が高いというようなエントリーがありましたので、DLC はオススメしません(というか、管理人も未プレイなので内容がわからずオススメのしようもないです)。



気になる方は2042年の東京で遊んでみませんか?



Posted in . Bookmark the permalink. RSS feed for this post.

【 コメントを残す 】

・閲覧者全員がコメント出来ます(承認制です)
・管理人がスパムと判断した場合は削除します
・常識あるコメントをお願いいたします

=========================================

【 コメントのしかた 】

1. テキストエリア下部「コメントの記入者」の右側にあるプルダウンメニューへ
2. 一番下にある「匿名」もしくはその上にある「名前/URL」を選択
 (URL は無記入で大丈夫です)
3. テキストエリアにコメントを記述して「公開」ボタンをクリック
4. コメントが承認されるまで待っていてください!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Search

Swedish Greys - a WordPress theme from Nordic Themepark. Converted by LiteThemes.com.